ハードラギング

保温材と金属製材料で保温する従来のラッキング工法です。
十分なスペースがある箇所や、メンテナンスの必要がない箇所への断熱施工に適しています。比較的安価に導入が可能な為、費用対効果も高くなる傾向があります。
さらに当社では従来の現場工事に加えて、事前手配、量産にも対応できる新しいラッキング工法を考案しております。
『誰でもできるラッキング工法』を目指すべく、日々改良を続けております。

ハードラギング

従来ラッキング工事の主な導入事例と注意点

製造工場などでは高温となる蒸気バルブや配管の保温・断熱目的、冷却装置・配管などの保冷の目的などが主な導入事例です。ラッキング施工は専門の知識を持った業者が必要となります。
またラッキング材は金属の為、経年劣化のよる腐食が起こりますので、定期的な点検や修繕を実施する必要があります。

※点検・修繕には専門知識がないと、本来の性能を発揮できない事がありますので、ご注意ください。

当社が提案する新しいハードラギングのスタイル

従来工法は現地での作業が必須になります。
しかしそれでは専門業者のスケジュールなど、お客様には調整できない工程が生じるため、スムーズな生産計画・工程管理に支障が出てしまいます。当社ではこのような外部依存の要因を解消するために、お客様自身で生産計画を立てることが出来る、モジュール化スタイルのラッキング施工を開発中です。
あらかじめ必要なラッキング箇所を選定し、モジュール設計しておくことで、事前手配、並行手配を可能にし、現場での専門業者の工程を短縮します。設計済みになりますので、図面・品番での管理が可能です。量産にも対応でき、お客様ご自身での取り付けも可能になるでしょう。
日々、製品開発~品質改良を続けており、1日も早い市場提供へ向けて前進しておりますので、ご期待ください。

ハイブリッドタイプでのご提供も可能に

対象の設備の運用方法をふまえ、モジュールラッキング工法と着脱式カバーを組み合わせた製品提供も可能になります。
詳細はハイブリッドページをご参照下さい。

ハイブリッド


サービス・製品に関する
お問い合わせ

各製品に関するご相談・ご不明な点がございましたら気軽にご相談ください。

よくあるご質問お問い合わせはこちら

採用情報