ケーブルシールド

製造現場のロボットや周辺機器は、摩擦や火花、薬品等の様々な脅威にさらされています。
当社のケーブルシールドは、ロボット機械の配線(ケーブル)を、そのような物理的脅威から守るための、高機能な布製カバーです。
ケーブルの断線を防ぐことにより、製造ラインのトラブルによる損害を未然に防ぎ、生産性の向上と安定化を図ることができます。
当社では、用途に応じて多種の生地を取り揃えていますので、様々な状況で安心してご使用できます。又、着脱可能な設計ですので、メンテナンス時の取外しも容易です。
自社で製作しているため、短納期や小ロットの対応も可能です。お気軽にご相談下さい。

ケーブルシールド

ケーブルシールドの役割

  • 摩擦からのケーブル保護
    本体とケーブルの接触時に発生する摩擦から保護します。
  • 火花からのケーブル保護
    溶接時に発生する火花から保護します。
  • 薬品からの保護
    強酸性の薬品や油汚れから保護します。
  • 汚れからの保護
    飛散する切削屑やほこりから保護します。
  • ケーブルをまとめる
    複数のケーブルをまとめることにより、動作を安定させると共に、すっきりとした外観に仕立てます。
ケーブルシールド 製品例

ケーブルシールド 製品例

代表的な生地の種類

  • コーネックス
    アラミド繊維にアルミコーティングがされている。耐熱性、高強度、電気的絶縁性を兼ね備えた生地。
  • アラウィン
    アラミド繊維にコーティングを施している。コーネックス同様耐熱性、高強度、電気的絶縁性を兼ね備えた生地。多色あり。
  • ジェンテックス
    アルミ蒸着ガラスクロス。耐摩耗性、耐スパッタ性、耐熱性を有している。
  • ザイロン
    現存する有機繊維の中で世界一の強度がある。分解温度650℃、限界酸素指数68と驚異の耐熱性と難燃性を兼ね備えている。
アラウィン カラーバリエーション

アラウィン カラーバリエーション

ザイロン

ザイロン

生地の燃焼試験(試験方法:JIS-L-1091)

対象試験材料:アラウィン黒

繊維名:アラミド繊維
コーティング:アルミゴムコーティング
LOI値(限界酸素指数):34.6
融点:300℃以上
表面抵抗率:8.9×10の10乗
体積抵抗率:4.4×10の12乗
特長:難燃性、耐熱性、耐酸性、耐アルカリ性

燃焼試験比較材料:ポリエステル

燃焼試験機

燃焼試験機

内容

  • 燃焼の広がりの程度、残炎および残じん時間を測定します。
  • 試料の表面における燃焼の広がりを測定します。
  • 試料の燃焼の速さの程度を測定します。

試験映像

試験結果

アラウィン
2分加熱後でも、残炎、残じんなし。
1分加熱時の炭化面積は6.6㎠。2分加熱時の炭化面積は8.75㎠。
2分後でも発炎はなし。
img_cs031.jpg
ポリエステル
着炎3~4秒後には穴が開き始め、10秒経過後発炎。
着炎後数秒で発炎し、瞬く間に燃え尽きた。
img_cs041.jpg

サービス・製品に関する
お問い合わせ

各製品に関するご相談・ご不明な点がございましたら気軽にご相談ください。

よくあるご質問お問い合わせはこちら

採用情報